起床した瞬間から、こう思った事がある人は大勢いるだろう。
「今日はなにもしたくない。」
それは窓の方をふと見ると日は高く上っていて、雲1つない快晴の天気の良い日だったり。
どんよりと曇り空で今にも雨が降り出しそうな日だったりするかもしれない。
このまま寝て一日過ごすのはもったいない。と頭では解っていても体は動かないなんて自分に言い訳をした人も大勢いることだろう。
私はそういう日が誰でもあって良いと思う。専業主婦にしても、サラリーマンにしても、小学生の子供でも。
 人生は短い。とも、人生は長い。とも良く言う言葉だ。だが、いくら短いとは言え、分単位や時間単位にするとどうだろうか?毎日同じ事の繰り返しでつまらない。生活のルーティンが構築されていて新鮮みが足りない。そう思うのは生き急ぎ過ぎているからではないだろうか?少し現代から離れて考えてみて欲しい、一つの仕事(タスク)をやり遂げる為に何年かかっていたのか。今、遺産となっているモノ達はおそらく数時間や、数日などの短いスパンでは成し遂げられていないだろう。
めまぐるしい情報社会や現代の中で未来の遺産となり何百年も遺っていく物は存在するだろうか?
 話が少し膨らんでしまったが、マラソンでも休足ポイントがあるように、人生にも「なにもしない日」を設け明日の心配事は明日考え始めるのも良いだろう。

まぁ、現在無職で家事育児に専念する私なので、結構自由時間はあるのです。
それでも、明日は食材購入は必要ないし、毎日の掃除と洗濯程度しかやるべきことがないので・・・
恥ずかしながら、明日は結構”暇”なのです。
そこで、前の夜のうちから「明日はどう過ごすか?」を計画しても良いかな、と。
今、図書館で借りている本、ちょっと難しい内容なので、思い切って「あえてカフェで読書」してみる?
もしくは、10時から1100円になる映画があって(新作ではなく、懐かしの名作映画)、それを観に行く?
一人、のんびりランチで新しいお店探しに行ってみる?
とか、・・・パッと考えたところ、この程度です。
ざ〜んねん。
そんなに想像力の広がらない自分自身のキャパを感じてしまいました。
普段、お忙しくしているワーキングマザーなら、まる一日、自分の為に有給休暇を取ったら「何する?」というワクワク感があるのでしょうね。
いやいや、一日家事をして、そしてゴロンと昼寝もしちゃおう、となるのでしょうか?
ふむむ
生き方はそれぞれ
その時その時、充実させていきたいものです。
さてさて、で、私の明日はどうしましょう?
入浴しながら、ゆるゆる考えてみようと思います。

主人公たちは、鍵で、扉を開けて、辺りを、見まわすのですが、扉の手前に、比べて、明らかに、少し暗いのが、分かります。道は、構造的に、そんなには、変わりません。多少曲がる数とかが、増えてる程度の違いでしかありません。それが、右であったり左であったりも、もちろんするのですが。いきなり、道の幅が広がったりとかするわけでもなく、主人公たちは、そんな中で、その砦を進んでいきます。扉に対し、その先の道の構造は、まっすぐなのが、いくらかの距離が続いているのですが、そんなに、長いわけでは、ありません。それに対し、歩いていくと、何か目印のような、置物が、柱の枠に、置いてあるのが、分かります。柱に、対しての、枠なんて、じっさいの世の中には、ないのかもしれませんが。物語の場合には、あり得ます。その置物を、超えると、今度は、扉の前の、明るさに、戻ります。ということは、置物の内部が、センサーの、役割を果たしているためなのかと、内部の構造に対し、主人公は、思うのです。

仮想通貨というのは電子的な通貨であり、発行している国があるわけではないです。ですから、通貨の信任というのを国が保証しているわけではない、ということが特徴としてあります。では怪しいのか、といえばそんなことはなく、すでに世界中で取引されているといっても過言ではない状態になっています。ですから、かなりよいことではあるのですが、さすがに考えることはあります。それはどこで取引をするのか、ということです。仮想通貨自体はシステム上、ほぼ偽造できないですし、その点は安心できるのですが、取引所自体のセキュリティの問題があるからです。゛すから、どこの取引所で取引をするのか、ということによって相当に違うことになりますから、これは覚えておいた方がよい、ということになるでしょう。仮想通貨の基本的な部分としてそこがあります。しかし、大きく儲けることができる可能性があることでもありますから、狙い目になっているのは確かでしょう。

生理が始まったので、去年の秋頃からタンポンを使い始めたんですが…これ…経血が漏れないのがウリなんじゃなかったっけ…?ってぐらい、漏れます。
最初に使ったタンポンは漏れることなんてまず無かったんですが、今使ってるものは、さいしょのものと比べると少し小さいからなのか、少し漏れて、ほぼ毎回といっていいほどパンティライナーに経血が付いているんですよね。
酷い時なんて、寝て起きたらパンティライナーがもう飽和状態で、ナプキンじゃなきゃ駄目だったぐらいパンツが真っ赤だったこと。
安心して眠りたいためのタンポンだった筈なのに、結局安心できません…。
使用時間だって、最長8時間、6時間前後で取り替えて下さいね〜って感じで、丁度その6時間睡眠ぐらいだったのに…。
8時間を越えて漏れるなら分かりますが、取り替える目安として設定されている時間に既にパンツが酷いことになっているって、どういうことなんでしょうね…。
う〜ん…メーカーの違いかな…。http://www.zometool.me/datsumou_kaisuu.html

日野は、ドラムの腕前を評価しているという当該の中学生について「1年前から深い関わりがあった」と説明。当日はドラムソロを他の生徒と順番に行うはずが、その生徒が制止を振り切って続けたという。日野は「『他にも待ってるだろ?』と言ってもやめないから、『バカヤロー!やめろ!』と」と注意したといい、ビンタについては「軽く触っただけ」と意図的ではなかったとした。そこら辺の先生とは違う、日野皓正はヤッパシ立派な人間であった。逆にそこら辺の先生は日野皓正のような行動はできるだろうか?変な曲がった根性を持つ人には皆の観ている前で恥をかかせないと治らないと思うと最高の行為だ有ったと思う。(「ヤツの心を立て直してやらなきゃという思いがある。だから、これからもやるよ。ビンタもね、アントニオ猪木の方が数段痛いと思うよ」)と言って居たそうです。中学生と言えばまだ子供である今の内に悪い癖を治さないと後でどんな人間に成るか分からない子供といえども殿様にさせては成らないのである。(「音楽や集団行動っていうのは、和を考えないと。周囲をリスペクトしないと」と持論を展開。)私も同感である、実行したことに意味が有る。

イエスキリストの時代の宗教指導者達はその時点で書き終えられていたヘブライ語聖書に精通していました。ヘブライ語聖書の中にはイスラエル人の律法である、モーセの律法が収められています。その律法はイスラエル人達を崇拝の面や生活の面において周辺諸国の異教徒からの保護となりました。しかし、当時の宗教指導者達はこの律法を厳格に、更には極端にあてはめて、人々に強要していました。イエスキリストはその状況を大変嘆いています。安息日に病人を癒す事は宗教指導者達によると禁止事項です。命に関わるもの以外は何も出来ないのです。骨折しても安息日に応急処置すら出来ませんでした。道理から外れた適用に対してイエスキリストは嘆き、更には安息日にあえて病人を癒しました。宗教指導者達は反発しましたが、イエスキリストの道理にかなった説明に反論出来ませんでした。当時の宗教指導者達を反面教師に出来ます。物事には規則があり、それを守るのは大切です。遵守しないなら命に関わる交通法規もあります。しかし日常生活では約束事や暗黙のルールなるものも多く、それらは厳密に適用しなくても良いものが多いです。友人がある程度それらを踏み越えたらどうしますか?笑って許しましょう。自分だって踏み越える事があるわけですから。是非この事を思いに留めて生活したいものです。ミュゼ 背中 脱毛

時々母から代理で通販を頼まれることがあるのですが、正直母から頼まれるのが面倒だと感じることが多いです。
この前は結婚した従姉妹夫婦に贈る為の名前入りグッズを注文したのですが、とにかく母の考えたメッセージのセンスがないのです。
私は若い夫婦だから絶対に英語の方がいいと言ったのですが、ひらがなが良いと言って聞かずひらがなのメッセージを入れました。
しかも結婚した日付をよく確認しなかった為に注文してから変更をお願いする形になってしまいました。
さっきもチョコレートをネットで注文したのですが、もう注文ボタンを完了した後に「4個追加して欲しい」と言われました。
4個追加するなら最初から5個買うと言えよと思いました。
私も体調不良の中パソコンを使って注文をしています。
痛みがあるのでメールを考えて書くのも大変だというのにただ注文して終わりではないので本当に疲れてしまいます。
しかも荷物を受け取るのも私ばかりですし、体調不良なのに寝たいです。yahoo! japanカード 楽天カード

CMを見ていて、無性にチキンラーメンが食べたくなって数年ぶり、というかもしかしたら子供の頃以来かもしれないくらい久しぶりにチキンラーメンをお昼ご飯に食べました。もちろん、私がこんなに久しぶりなんだから子供に至っては「これ、どんな味がするの?」という始末。
昔はなかったけど今は卵ポケットなんてついてるんだ〜と子供とワイワイしながら3分待ってようやくありつけた時には「そうだった♪こんな味だったな。懐かしいし美味しい〜」と食べ始めて半分くらいのところでギブアップ…。子供の頃と違って年老いた分、胃もラーメンのようなものはあまり受け付けてくれなくなってたようです。体の中は見えないから全く気付きませんでした(-_-;)
子供の方はといえば、こちらは逆に味が物足りない。やはり半分くらいのところで「もういらない」と言って別の冷食を食べ始めました。こんなことなら最初から半分こしてれば良かったかな。
自分一人だと残すけど子供と私の分の器に両方とも半分残ってるのはかなり勿体ないので頑張って自分の器は空にしました。この日はかなり胃にもたれてしまい、夕飯は何も入らず…。確実に老いていってるんだと自覚できた今日です。キレイモ カウンセリング 内容

ワタシは友人から、子供用の服など、お下がりをいただくことがあります。友人の子供とは歳が3つ違うのですが、着なくなったものをいただくころが、ウチで着るのにちょうどいいころなので、ものすごく助かっています。最近では、洋服も特売などでは安く販売されることがあります。しかし、元気に遊び、汚すこともありますので、たくさんあると助かるものです。中にはお下がりや中古品を好ましく思わない方もいるようです。友人のウチからは、洋服だけではなく、三輪車や自転車、乳幼児の頃はチャイルドシートなどもいただいたことがあり、本当に助かっています。ウチに近所にはリサイクルショップが何店舗かあります。使うものですので、新しいものを購入して使用するのも良いと思います。しかし、まだ使えるものがあるのでしたら、使ってくれる方に譲るのも地球のためにも良いことではないかとワタシは思います。人気を博しているフリマアプリなどを利用するのも良い手だと思います。