ワタシは友人から、子供用の服など、お下がりをいただくことがあります。友人の子供とは歳が3つ違うのですが、着なくなったものをいただくころが、ウチで着るのにちょうどいいころなので、ものすごく助かっています。最近では、洋服も特売などでは安く販売されることがあります。しかし、元気に遊び、汚すこともありますので、たくさんあると助かるものです。中にはお下がりや中古品を好ましく思わない方もいるようです。友人のウチからは、洋服だけではなく、三輪車や自転車、乳幼児の頃はチャイルドシートなどもいただいたことがあり、本当に助かっています。ウチに近所にはリサイクルショップが何店舗かあります。使うものですので、新しいものを購入して使用するのも良いと思います。しかし、まだ使えるものがあるのでしたら、使ってくれる方に譲るのも地球のためにも良いことではないかとワタシは思います。人気を博しているフリマアプリなどを利用するのも良い手だと思います。

かつてフルマラソンを走ることになり、トレーニングでかなり長い距離を走り続けたことがあります。その時に一番注意していたのが膝でした。人によっては腰だったり違う部分かもしれません。膝は前に一度壊してしまったことがあり、治るまでに数週間もかかってしまいました。なので、それ以来どちらかの膝がちょっと痛くなったら走るのをやめて歩いたり止まったりしています。走り終わったらすぐに両膝をアイシングしたりして、ケアしながら本番ではなんとか完走することができました。現在でも無理をしないようにかなり気を遣っています。
お年寄りでも膝に関するトラブルを抱えているパターンは多いようです。どうやらこの部分は自然に治りにくい部分らしく、そう考えると若いうちから最も気をつける個所のひとつかもしれません。いくら気持ちがあっても足が動かないと不便な事はたくさんあります。インターネットや本で簡単に調べられる時代なので、膝のケアも日頃から意識したいものです。