物語の鍵を開けてからの扉の先の話などをします

主人公たちは、鍵で、扉を開けて、辺りを、見まわすのですが、扉の手前に、比べて、明らかに、少し暗いのが、分かります。道は、構造的に、そんなには、変わりません。多少曲がる数とかが、増えてる程度の違いでしかありません。それが、右であったり左であったりも、もちろんするのですが。いきなり、道の幅が広がったりとかするわけでもなく、主人公たちは、そんな中で、その砦を進んでいきます。扉に対し、その先の道の構造は、まっすぐなのが、いくらかの距離が続いているのですが、そんなに、長いわけでは、ありません。それに対し、歩いていくと、何か目印のような、置物が、柱の枠に、置いてあるのが、分かります。柱に、対しての、枠なんて、じっさいの世の中には、ないのかもしれませんが。物語の場合には、あり得ます。その置物を、超えると、今度は、扉の前の、明るさに、戻ります。ということは、置物の内部が、センサーの、役割を果たしているためなのかと、内部の構造に対し、主人公は、思うのです。