冬の気配もいよいよ終わりに、今感じていること

春分の日を過ぎ、冬の気配もいよいよ終わります。ただし、週間予報によれば、寒の戻りもあるそうです。このため、今季の冬はあと少し味わえそうです。しかし、季節の進行で太陽が高くなり、春を感じています。
3月と言えば、卒業式などで別れの月ですが、冬との別れの月だとも思います。冬は寒かったり日が短かったりして嫌で、春の訪れを待つ人も多いと思いますが、個人的には冬が終わるのは、春の新しい生活が始まるのを前にし、これまでの生活との別れのために悲しみも感じます。現在、精神的に不自由な暮らしをしているために、春の訪れを素直に喜べない気持ちもあるのかもしれません。しかし、今までは明るい季節がやってきたら、現実の自分から目がそれて理想の自分を空想することもありました。
自分自身のあまりにも嫌なところは、思い出すと気分が悪くなるため、極力思い出さないようにすると気分よく生きやすいのかもしれません。少しは人生が明るくなっていきたいです。不自由な中でも楽しんでいけると人生は明るくなっていけるかもしれません。ミュゼ ひざ上