「望ましい印象派」という雑誌を読みました。

印象派の画家といえば、身はルノワールを間もなく思い起こします。「ジュリー・コピーの肖像、あるいは猫を抱きつくこども」という品物が好きです。ライブラリーに行って、「望ましい印象派」という書籍を見つけました。書籍の標記の街路、HOMEも可愛くて、ウェブページを開くと可愛らしくて胸がときめくような図版が複数載っていたので、借り入れることにしました。身は犬が大好きなので、犬が登場する図版も紹介されていて、快くなりました。また博物館で見て感嘆、フォルトゥーニの「和風仕様座敷に掛かる画家の子どもたち」が紹介されていました。書籍を通して、色々な品物に会うことができました。こういう書籍の中で一番に気になったのは、メアリー・カサットの「海辺で遊ぶ子どもたち」という品物だ。むくむくして、ぷくぷくした児童の軟らか陰が描かれていて、素敵だなぁと思いました。メアリー・カサットについてはあんまり知らなかったのですが、今度博物館に行って、メアリー・カサットの品物をみてきたいと思っています。様々な可愛らしい品物に巡り合うことができた書籍でした。ハーバルラビット 楽天